SPI対策〜言語頻出問題⑤〜

今回も、SPIの中で出題される言語の頻出問題をまとめました!!

SPIの言語の問題はある程度暗記さえしてしまえば解ける問題ばかりです😭😭

しかも、SPIにおいて言語問題は必ず出題されるので対策をしっかりしましょう!!!

言語問題が苦手な方でも、以下の言語の頻出問題を見て、

知らなかった言葉があれば、この機に暗記すれば大丈夫です😄😄

また、次回以降も色々な頻出問題をまとめていきます!!!

楽しみにしていてください( ^ω^ )

言語頻出問題


(1)英断
すぐれた決断。また、思い切ってきっぱり決めること。

(2)公算
偶然に支配される事柄の、生起の確実性の度合。

(3)殊勝
心がけがしっかりしていること。けなげなさま。

(4)瓦解
組織的な物事の一部分がこわれて、それによって全体がこわれること。

(5)進取
進んでことをなすこと。進んで物事にとりくんで行くこと。

(6)焦眉
眉が焦げること。また、眉が焦げるほどに火が近づいていること。転じて、危険が迫っていることのたとえ。

(7)垂涎
ある物を手に入れたいと強く思うこと。

(8)徒食
何も仕事をしないで、ぶらぶらと遊び暮らすこと。ニート。

(9)希有・稀有
まれであること。普通は「けう」と読む。

(10)言質
あとで証拠となる約束の言葉。「げんちを取る」

今回も、SPIの言語頻出問題をまとめました!!!!

言語問題が苦手な方は参考にしてくださいね٩( ‘ω’ )و

 

参考:SPI対策参考書


最後に、私が就活時代に使用していたSPIの参考書を記載しておきます。

SPI対策をどんな参考書ですればよいか迷っている方は是非参考にしてください!!!

主要3方式<テストセンター・ペーパー・WEBテスティング>対応 これが本当のSPI3だ!2021年度版 [ SPIノートの会 ]

 

      2021最新版 史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集 [ オフィス海 ]

 

 

 

 

 

  • scs201905

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です