【必読】ANAの客室乗務員(CA)を目指す人へ

・ANAの客室乗務員になりたい

・ANAの客室乗務員の特徴を知りたい

今回の記事は、こんな疑問をお持ちの就活生の悩みを解決できる記事になっています!!!

 

客室乗務員(CA)と言えば、女の子にとって憧れの職種ですね。

小さい頃から、「客室乗務員(CA)になりたい」という人も多いぐらいとても人気な職種なんです。


しかし、客室乗務員(CA)になるためには、とても倍率が高く、誰でも簡単になれるものではないんです💦💦

ただでさえ客室乗務員(CA)になるのには難しいのにも関わらず、

航空業界の中で人気のあるJALとANAの客室乗務員(CA)になるのは特に難関です。

難関だからこそ、しっかりとした対策をすることが重要なんです。

 

そのため、今回は、ANAの客室乗務員(CA)になりたいという人のために、

ANAの客室乗務員(CA)の選考や特徴


についてまとめていきます。


ANAの客室乗務員(CA)を目指している方は是非、最後までご覧ください。


また、前回のブログで、「JALの客室乗務員(CA)を目指す人へ」向きのブログも書いていますので、

是非、合わせてご覧ください!!!

 

それではまとめていきます٩( ‘ω’ )و



ANAの求める人物像について


ANAの客室乗務員(CA)を目指すにあたって、ANAの求める人物像を把握することはとても大切です。

基本的に企業というのは、求める人物像に合った人を採用するからです。

そのため、ANAの求める人物像を知らない人はこれを機に理解しましょう!!

 

■ANAの求める人物像

・お客様と信頼関係を構築し、彼らの課題や潜在ニーズを見つけて解決に導くことのできる人材
リーダーシップを発揮しながら目標に向けて邁進し、関係者をとりまとめて行動できる人材 
・周囲の協力を得ながら今までにない仕組みを創造したり変革を推進し、成果を上げることの出来る人材


ANAでは上記を満たす人材を求めています!!!

また、人材育成の方針としては、グループ行動指針である、

「ANA’s Way」を満たすことを目標に育成をしているそうです。

そのため、以下に記載する「ANA’s Way」にも目を通し、内容を理解しておきましょう!!


ANAの求める人物像をしっかりと理解した上で、客室乗務員(CA)のESや面接では、

求める人物像に合った内容をアピールしましょう!!!


ANAの客室乗務員(CA)の倍率について


ANAの客室乗務員(CA)さんの倍率ってどれぐらいかご存知ですか??

年ごとに採用予定人数も異なるため、倍率は異なりますが、

新卒、既卒で大体以下のような倍率であると言われています。

※正式に発表された値ではないのであくまでも予想情報ベースです。

■新卒
・倍率:15倍

■既卒
・倍率:80〜100倍

(2016年度の倍率)
 

とても採用されるのが大変ということが分かると思います。

特に、既卒は難関です💦💦

新卒でも年によっては、採用人数が少なくとてつもなく倍率が上がるので

30倍〜40倍ぐらいは想定しておいたほうがいいです。

気合いを入れて、対策をする必要があります。

ANAの客室乗務員(CA)のESについて


ANAの客室乗務員(CA)を目指すにあたって、最初の難関は、エントリーシート(ES)です。

ESを通過できないと、面接すら受けることができません。

そのため、ANAの客室乗務員(CA)を目指す方は過去のESの内容を早めに把握し、

ES作成を早めに行い、添削等を繰り返し、良いものを作り上げることが選考で優位に立てるコツになります。

ここでは、過去のESの設問を紹介しておきます。

■ANAの客室乗務員(CA)の過去のESの設問
・あなたがANA客室乗務員を志望する理由を記入してください

・将来の姿について想像した時に、あなたは人としてどうありたいですか?※客室乗務員としてのキャリアビジョンではなく、大切にしたい考え方や価値観を記入してください

・自己紹介動画

・「今のあなたが形成される過程でもっとも影響を受けたこと(受けていること)」は何かを考え、表題をつけ、その内容を簡潔に説明してください。また、これを通して形成されたあなたの内面について、どのように影響を受けたか、何を感じたかなどを踏まえ、記入してください。


・あなたが「これまでにもっとも考えて決めたことや答えを出したこと」は何かを挙げ、表題をつけ、その概要を記入してください。 ※進路選択など勉学のこと、人間関係のこと、アルバイトなどの日常生活のことなど、どのようなことも含みます。
また、その際に大切にした考えは何か、どのような観点を持ち、どのように考えたのかを記入してください。


上記の設問が過去に出題されたエントリーシート(ES)です。

エントリーシート(ES)の設問は年ごとに変わることはありますが、似た設問になることが多いので

過去のエントリーシート(ES)の設問から早め早めのES作成を行いましょう٩( ‘ω’ )و

ANAの客室乗務員(CA)の選考フローについて


ANAの客室乗務員(CA)を目指す人にとって、選考フローを理解することはとても大切です。

年ごとに選考フローは変わりますが、大体似たフローになると思うので参考にしてください。

■新卒・既卒
・STEP1:エントリー
  (1)エントリーシート基本情報登録
  (2)エントリーシート提出(WEB)
  (3)自己紹介動画提出
  (4)学力検査受験(SPI)
  (5)英語試験受験(※TOEIC600点もしくはGTEC260点以上の英語証票を1次選考   会場にお持ちいただける方は英語試験を免除)

・STEP2:書類選考(ES)

・STEP3:面接・身体検査等

・STEP4:内定


選考の特徴としては、「身体検査」でしょう。

客室乗務員(CA)さんは周りからは華型のお仕事ですが、実際の仕事内容は大変なことが多いです。

国際線であれば、時差等による不規則な時間帯のフライトもあります。

そのため、「身体検査」を行うことで

客室乗務員(CA)の適正をしっかりと見ているのです。

また、エントリーシートの他に筆記試験(SPIの場合が多い)、英語の適正検査があります。

SPIや英語の適正検査をなめてかかるとそこで落とされてしまうこともあるので

しっかりと勉強をしましょう!!SPIと英語で落とされてしまうのはもったいないです💦💦

※SPI対策をしていない人は私が過去に書いたブログを参考にしてください。


ANAの客室乗務員(CA)の応募資格について


ANAの客室乗務員(CA)の応募資格について見ていきます。

応募資格を満たしていないと応募できないので気をつけてください。

新卒と既卒で応募条件は異なるので、分けて記載します。

■新卒の応募条件
(1)専門学校・高等専門学校・短期大学・4年制大学または大学院の文系学部・理系学部(全学部)を卒業または修了見込みの方。
※卒業・修了とは、
①専門士号(Diploma相当)
②短期大学士号(Associate degree相当)
③準学士号(Associate相当)
④学士号(Bachelor’s degree相当)
⑤修士号(Master’s degree相当)
⑥博士号(Doctor’s degree相当)
の取得を指します。

(2)裸眼またはコンタクトレンズ矯正視力が両眼とも1.0以上であること。

(3)航空機乗務に際し必要な体力を有し、呼吸器・循環器・耳鼻咽喉・眼球・腰椎等に支障がないこと。

(4)東京国際空港(羽田空港)と成田国際空港に公共交通機関を利用し120分以内で通勤可能な場所に居住または居住予定であること。

(5)TOEIC600点程度以上の英語力を有すること。

(6)入社までにパスポートの取得が可能であること(国籍は問いません)。


既卒は一般採用と再雇用の2つのフローがあります。

■既卒(一般採用)の応募条件
(1)専門学校・高等専門学校・短期大学・4年制大学または大学院の文系学部・理系学部(全学部)をすでに卒業または修了している方。
※卒業・修了とは、
①専門士号(Diploma)
②短期大学士号(Associate degree)
③準学士号(Associate)
④学士号(Bachelor’s degree相当)
⑤修士号(Master’s degree相当)
⑥博士号(Doctor’s degree相当)
の取得を指します。

(2)裸眼またはコンタクトレンズ矯正視力が両眼とも1.0以上であること。

(3)航空機乗務に際し必要な体力を有し、呼吸器・循環器・耳鼻咽喉・眼球・腰椎等に支障がないこと。

(4)東京国際空港(羽田空港)と成田国際空港に公共交通機関を利用し120分以内で通勤可能な場所に居住または居住予定であること。

(5)TOEIC600点程度以上の英語力を有すること。

(6)入社までにパスポートの取得が可能であること(国籍は問いません)。

(7)2020年度の客室乗務職新卒採用に応募(エントリーシート提出)していないこと。

(8)社会人としての就労経験は問いません。

 

■既卒(再雇用)の応募条件
以下に該当し、1年以上の国際線乗務経験を有する者。

(1)元ANA客室乗務職(長期雇用社員)/元ANAスカイサービスアテンダント(契約社員)

(2)元ANK客室乗務職(長期雇用社員)/元ANKスカイアテンダント(契約社員)

(3)TOEIC600点程度以上の英語力を有する方。

(4)裸眼またはコンタクトレンズ矯正視力が両眼とも1.0以上の方。

(5)航空機乗務に際し必要な体力を有し、呼吸器・循環器・耳鼻咽喉・眼球・腰椎等に支障がない方。

(6)東京国際空港(羽田空港)と成田国際空港に公共交通機関を利用し120分以内で通勤可能な場所に居住または居住予定の方。

(7)入社までにパスポートの取得が可能な方(国籍は問いません)


応募資格で気になる点は、TOEICについてです。

新卒・既卒ともに「TOEIC600点程度以上の英語力を有する方」という記載があります。

ANAの客室乗務員は、国際線で活躍することも多いです。

そのため、英語の能力を持っている人を採用したいのでしょう。

TOEIC600点以上持っていない方は、英語の勉強をし、選考までにTOEIC600点以上を獲得しましょう!!!

ANAの客室乗務員(CA)のサービスの特長について


ANAの客室乗務員(CA)になりたい人にとって、ANAの客室乗務員(CA)のサービスの特長についても押えることは重要です。

特長を理解することで、面接で「入社後、どんなサービスを提供したいか?」と聞かれた時の

ヒントになります。

■ANAの客室乗務員(CA)のサービスの特長
お客様の予想を超えるおもてなしをチームワークで提供する

ANAの機内サービスを担当する客室乗務員に委ねられた責任がとても重要。
お客様の期待に応える、細やかで良質な機内サービスは当たり前であり、そこから「さらに何ができるか」が、おもてなしの神髄と言える。
 

ANAの客室乗務員(CA)にとってのサービスの特長は「おもてなしの心」と「チームワーク」だと思われます。

ANAでは毎年、「おもてなしコンテスト」を開催しているほど「おもてなし」の心を大事にしています。

このコンテストでは、ビジネスクラスでのお客様へのサービスを、

機内を再現したモックアップで約1時間30分にわたり披露するそうです。

ANAの客室乗務員(CA)になりたい方は、特に「おもてなしの心」について意識することが大切です。

ANAの客室乗務員(CA)のミッション


ANAの客室乗務員(CA)のミッションについて紹介します。

ANAの客室乗務員(CA)は、機内で「安全にお客様を目的地にお届けするための保安要員」としての役割と

「お客様が快適にお過ごしいただける空間づくりをするためのサービス要員」としての役割を

果たすことが求められます。フライトではこの2つの役割を同時に果たし、安全とサービスの両方の観点から、

お客様にとって最適な対応を常に考え続けていく必要があります。

 

■ANAの客室乗務員(CA)のミッション

一人ひとりの責任感が、安全を作り出す

航空会社にとって最大の役割は「お客様を安全に目的地までお届けすること」です。
有事の際だけではなく、ANAのCAは普段のフライトから、お客様の顔色やご様子、
機内で感じる音やにおいなどの細かい部分にまで神経を張りめぐらせ、機内の安全を守る必要があります。
保安業務において、新人から経歴の長いCAまで、その責任の大きさに変わりはありません。ANAのCAの一人ひとりが「自分たちが安全を守る」という使命と誇りを胸に、フライトすることが求められます。

感性を磨いていくことで、サービスの幅を広げる

お客様に機内で快適に過ごしていただくために、CAはあらゆる角度からお客様のフライトをサポートしていきます。機内で行うサービス業務は、食事や飲み物などの提供、機内販売、到着地のご案内など多岐にわたっています。それは決して同じ仕事の繰り返しではなく、それぞれのCAが一人ひとりのお客様に合わせて創意工夫を凝らしてサービスしています。サービスは、CA一人ひとりの感性とスキルの上に成り立っています。フライトの中でスキルを身につけていくとともに、人としてさまざま経験を重ね、感性を磨くことを通して、長い時間をかけてサービスの幅を広げていくことが大切です。

お客様のニーズをキャッチし、会社に届けるマーケティングの役割を担う

CAはお客様との会話やサービスの中から、お客様のニーズの変化や動向を察知することも役割のひとつです。ANAでは、現場で働くCAだからこそキャッチできるお客様の声や気づいたことを社内の様々な部署に発信するレポートシステムがあります。CAが伝える現場の声は、お客様にとって最適なものを生み出すことに大きく貢献しています。



ANAの客室乗務員(CA)の1日と1ヶ月のフライトスケジュールについて


ANAの客室乗務員(CA)になるにあたって、1日の仕事内容を理解することは大切です。

また、ANAの客室乗務員(CA)の1ヶ月のスケジュールについても把握しておくことも大切です。

1日の仕事内容、1ヶ月のフライトスケジュールを理解することで、

客室乗務員(CA)になった時の姿を想像しやすくなり、モチベーションのアップにつながります。


■ANAの客室乗務員(CA)の1日

https://www.ana.co.jp/group/recruit/ana-recruit/newgrads/ca/mission.html



■ANAの客室乗務員(CA)の1ヶ月のスケジュール(モデルケース)


面接でも客室乗務員の仕事内容等を理解しているかどうかの質問等もされたりします。

ANAの客室乗務員(CA)になりたい人は客室乗務員(CA)さんの1日の仕事やフライトスケジュール等の理解を

しておきましょう٩( ‘ω’ )و

ANAの客室乗務員(CA)に必要だと考えられる能力・視点


ANAの客室乗務員(CA)さんになるにあたり、必要だと考えられる能力・視点について考えていきます。

ANAの客室乗務員(CA)さんに必要な能力・視点として、以下が必要と言われています。

ANAの客室乗務員(CA)さんを目指す人は、覚えておきましょう!!

■ANAの客室乗務員(CA)さんに必要な能力・視点

1.チームワーク・チームプレー
お客様をチームANAで安全に目的地まで届けるチームワークが必要。

2.お客様視点
常にお客様の視点になって、最高の価値を生み出す。

3.努力と挑戦
最高のサービスとは何なのか?そのサービスをするためにひたむきな努力する。
また、グローバルな視野を持ち、多くのことに挑戦していく。
 

上記の中でもANAの客室乗務員(CA)さんの特長は、『チームワーク』だと言われています。

どの仕事でもチームとして働くことは多いため、チームワーク力は必要ですが、

ANAの場合は高いレベルで求められると考えたほうがいいです。

高いレベルのチームワークを発揮するには、ほかの人と協力しながら仕事を進めるのはもちろん、

お互いに支えあいながら行動することが大切です。

我を通そうとするのではなく、チームのためを思って行動することが大切であり、

協調性を発揮しながら仕事をすることが求められます。

また、協調性といっても、ただ人の話を聞き、流されていればいいわけではありません。

あくまでチームワーク力に繋がらなければなりませんので、

チームのために何ができるのかを考えるという、積極的な協調性が必要です。

 

ANAの客室乗務員(CA)を目指す方は、上の3つの能力・視点はもちろんのこと、

特に『チームワーク』の大切さを実感し、日頃の生活から少しずつ身につけていく努力をしましょう٩( ‘ω’ )و

ANA顔ってどんな顔??髪のセットやメイクの際は意識しよう!!!


私は、顔つきと就職はあまり深い関係はないとは思いますが、

ANAの客室乗務員(CA)になる人にはある程度の共通点はあります。

 

■ANAの客室乗務員(CA)になる人の顔つきの特徴
・丸顔

・可愛らしいイメージ(キュート)

・ぱっちりとした目

上記の3つがANAの客室乗務員(CA)の顔つきの特徴だと言われています。

イメージとしては、可愛いアイドル系の顔です。

そのため、証明写真や面接にのぞむ際の、髪型やメイクは上記のことを意識して行うといいかもしれません。

しかし、上で述べたようにANA顔はそこまで意識するものではないと私は考えています。

あくまでも参考程度だと考えてください!!!


ANAの客室乗務員(CA)にはどんなタイプが多い??


ANAの客室乗務員(CA)さんには、どんな辛いことにも

下を向かず、気持ちの切り替えが早い人


が多いと言われています。体育会系の人といったイメージです。

 

CAさんは周りから見るととても華やかな職種ですが、業務の中でお客様に色々厳しい言葉を

もらうこともあります。そんな時に下を向かず、その言葉を紳士に受け止め、気持ちを切り替え、

次に活かしていく人がANAのCAさんには多いです。

 

ANAの客室乗務員(CA)に採用される人に共通する雰囲気


ANAの客室乗務員(CA)に採用される人にはある程度共通する雰囲気があると言われています。

その雰囲気とは、

可愛いらしさ


だと言われています。

ANAに提出する写真や面接の際には、「可愛らしさ」の雰囲気を出せると好印象を持たれるかもしれません。

行動1つとっても、可愛らしさを意識しましょう!!!

意識するだけで、十分変わるはずです٩( ‘ω’ )و

 

ANAの客室乗務員(CA)は訓練後、1年目から国内線・国際線デビュー可能


ANAの客室乗務員(CA)になると、まず臨むのが専門訓練です。

ここでは、保安・サービスの両面について学びます。

保安訓練では、緊急時の対応や、安全を確保するために普段から行うべきことをしっかりと身につけます。

そしてサービス訓練では、おもてなしに対するANAの考え方、ANAのCAに求められる心構えを学ぶとともに、

美しい立ち居振る舞いや言葉遣い、身だしなみ、国際的に通じるマナー、

聞き取りやすい機内アナウンスの基礎も学びます。

そして、訓練後は、入社1年目から、国内線・国際線の両方に乗務することができます。

1年目から日本中、そして世界中を広く見渡す視点を養い、CAとしての仕事を学ぶことができます。


一方で競合他社である、JALの客室乗務員(CA)は1年目から国際線に乗れません。

しかし、

ANAの客室乗務員(CA)は1年目から国内線、国際線デビュー可能

ということは覚えておいてください!!!

「少しでも早い段階から、国際線で活躍したい」という理由もJALでなく、

ANAの客室乗務員(CA)になりたい理由として使えるかもしれません。

まとめ


今回は、ANAの客室乗務員(CA)さんの選考や特徴について記事を書かせていただきました。

ANAの客室乗務員(CA)さんを目指す人にとって有益な情報であったら嬉しいです。

毎年、ANAの客室乗務員(CA)さんの倍率は本当に高く、難関です。

しっかりと準備をせず、選考にのぞんでしまうと残念な結果になってしまうことがほとんどです。

「ANAの客室乗務員(CA)になる!!!」という強い気持ちを持って、しっかりと対策をしましょう!!!

 

参考:就活生に登録していただきたい就職活動サービス


最後に、就活生に是非、登録していただきたい就職活動サービスを紹介しておきます。

もちろんリクナビさんやマイナビさん等は登録済みだと思うので、それ以外で、

登録しておいて、損はしないサービスを紹介しておきます。

私も就職活動時代、たくさんのサービスに登録し、色々な選考情報を集めていました。

就活は情報戦です。迷っているなら動くそれが成功する秘訣です٩( ‘ω’ )و

(1)【キャリアパーク!就活エージェント!】


就職エージェントのキャリアパークさんです。

キャリアパークさんの良いところは、

・キャリアパークが厳選した優良企業から、あなたに合った企業をご紹介してくれる

・最短1週間で内定も可能

・特別推薦ルートへご案内をしてくれる(ES、一次面接免除) 

・年間1000名以上を内定に導く実績のある就活のプロが徹底サポートしてくれる 

・大手グループ/東証一部上場企業/急成長ベンチャー/優良企業など様々な企業を紹介してくれる(紹介してくれる企業数も多様)

・自己分析・ES・面接・グループディスカッションなど充実の選考対策を実施してくれるため、安心

・人事責任者への推薦を実施してくれるという心強さ

・面接のフィードバックあり ・ナビサイト非掲載の求人を紹介してもらえるため、自分の知らなかった企業への面接も可能

といった利点があります。とりあえず登録しておくだけでも十分に役立つ時が来るので

まだ登録していないという方は是非登録してみることをおすすめします。

登録はこちらから🔽🔽🔽🔽

【キャリアパーク!就活エージェント!】

 

(2)内定にコミットする就活支援サービス【ジョブコミット】


新卒専用の人材紹介エージェントさんのジョブコミットさんです。

ジョブコミットさんの良いところは、

・利用者の95%が内定を獲得

・圧倒的な面談数!!就活生の不安を解消するために、平均10回の面談をしてくれる 

・大手/ベンチャーを問わず、学生からも人気の高い業界への紹介も可能

・企業の魅力をたくさん教えてくれるるため、面接の際の志望動機等を作りやすい
(その企業が属する業界の今後の変動や将来性からも企業様の魅力を学生に説明してくれる)

・内定後のアフターフォローの徹底
(内定後の入社するにあたっての意思決定までトータルサポート及び、入社前の不安を取り除いてくれる)

・最後まで寄り添うコミット力
(採用目標に対して、人事と二人三脚で協力体制を構築し、支援)

といった利点があります。

ジョブコミットさんは、就活生にはとても心強いサービスになっています。

興味のある方は、登録だけするだけでも損はないので、おすすめです。

登録はこちらから🔽🔽🔽🔽

内定にコミットする就活支援サービス【ジョブコミット】


(3)第二新卒エージェントneo by ネオキャリア



第二新卒、既卒向けのサービスを展開するネオキャリアさんです。

第二新卒、既卒の方には、おすすめのサービスになります。

ネオキャリアさんの良いところは、

・1人あたり平均10時間の手厚いサービスがあるため、安心・信頼感アップ

・幅広い求人企業の紹介(ブラック企業を除外し、優良企業のみを紹介)

・内定後はもちろんのこと、入社後のフォローも徹底

・スタッフが全員第二新卒なため、相談がしやすい

・履歴書の添削や職務履歴書の作成も丁寧に手伝ってくれるため、心強い

・将来のキャリアプランの相談・作成もしてくれるので自分に合った企業を見つけやすい
 
といった利点があります。
ネオキャリアさんは、第二新卒、既卒の方にはとても心強いサービスです。
 

興味のある方は、登録だけするだけでも損はないので、おすすめです。

登録はこちらから🔽🔽🔽🔽

第二新卒エージェントneo by ネオキャリア

 

いかがだったでしょうか??

今後もおすすめのサービスがあれば紹介していきます。

みんなで、就職活動を成功させましょう!!!!!

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です