ESを書くときに気をつけること・意識すること

・ESの書き方が分からない

・ESを書くときにどんなことに気をつけたほうがいいんだろう??

・ESを書くときにどんなことを意識したらいいんだろう??

今回はこんな悩みを持つ就活生のために、ESを書くときに気をつけること・意識することについて

書いていこうと思います。

 

私は、多いときで月に400件くらいESの添削をしています!

そのため様々なESを見てきました!

その中で、多くの就活生が同じようなミスをしている人が多いためこの記事で、

『ESを書くときに気をつけること・意識すること』


をまとめていこうと思います!!

 

この記事はESを添削していく中で、気になったことがあれば随時更新していきます!!



ESは結論ファーストを意識


ESにおいて、もっと大事なことは、

結論ファースト

です!!

しかし、案外これがESで出来ていない就活生が多いです!!

結論ファーストで書いていないESはその時点でES落ちになってもおかしくないと思ってください!!

なので、ESを書く時は常に「結論ファースト!!」を意識しましょう!!

例えば、

・学生時代頑張ったことのESであれば、冒頭文は必ず、

『頑張ったこと』を書きます!!

・自己PRのESであれば、冒頭文は必ず、

『自身の強み』を書きます!!

・入社後、挑戦したいことのESであれば、冒頭文は必ず、

『挑戦したいこと』を書きます!!


このようにESは必ず『結論ファースト』を意識して書くようにしましょう!!


 

数字項目は半角で書きましょう!!


ESにおいて、全角指定のESでない限り、ES内の数字項目は、必ず、

半角

です!

これは、ビジネスマナーでもあるので、ESを書く時は数字項目は半角で書くように意識しましょう!!

これが出来ていると出来ていないかで、ESの読み手の印象はガラッと変わるので、

数字項目を『半角』で書くと知らなかった就活生はこの機会に覚えましょう!!

一文の文字数は50〜80文字程度で!!


ES内の一文の文字数は、

50〜80文字程度

を意識してください!!

ESというのは、採用担当者に読んでいただくものです!

そのため、読みやすい文章を書く必要があります!!

そのため、文章のリズムを意識することが大事です。

リズムの良い文章は、一文が50〜80文字と言われているので、一文の文章の長さには注意しましょう!

 

他のことも随時まとめていきますので、参考にしてください!!

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です