SPI対策〜言語頻出問題②〜

今回も、SPIの中で出題される言語の頻出問題をまとめました!!

SPIの言語の問題はある程度暗記さえしてしまえば解ける問題ばかりです😭😭

しかも、SPIにおいて言語問題は必ず出題されるので対策をしっかりしましょう!!!

言語問題が苦手な方でも、以下の言語の頻出問題を見て、

知らなかった言葉があれば、この機に暗記すれば大丈夫です😄😄

また、次回以降も色々な頻出問題をまとめていきます!!!

楽しみにしていてください( ^ω^ )

言語頻出問題


(1)機知 
とっさに働く勘

(2)伝播
広く伝わること

(3)遺憾
期待したようにならず、心残りであること。残念に思うこと。

(4)吐露
決意などを打ち明けること。心の中を包み隠さずに打ち明けること。

(5)照準
ねらいを定めること

(6)会得
物事の意味、本質などを理解し悟ること。

(7)気鋭
意気込みが鋭いこと。「新進気鋭の士」

(8)法外
法にはずれていること。 普通に考えられる程度をはるかに越えていること。

(9)杞憂
必要のないことをあれこれ心配すること。無用の心配。とりこし苦労。「杞憂に終わる」

(10)割愛
惜しいと思いながらも省略すること。また、惜しいと思いながら、相手に贈ること。

今回も、SPIの言語頻出問題をまとめました!!!!

言語問題が苦手な方は参考にしてくださいね٩( ‘ω’ )و

 

参考:SPI対策参考書


最後に、私が就活時代に使用していたSPIの参考書を記載しておきます。

SPI対策をどんな参考書ですればよいか迷っている方は是非参考にしてください!!!

主要3方式<テストセンター・ペーパー・WEBテスティング>対応 これが本当のSPI3だ!2021年度版 [ SPIノートの会 ]

 

      2021最新版 史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集 [ オフィス海 ]

 

 

 

 

 

  • scs201905

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です